翻訳ツールのデメリット

正確な翻訳がされているか分かりにくい

WEBサイトの翻訳ツールは、「手軽に多言語を自国語にして読める」という点がありますが、翻訳された文章がどの程度性格で、原文に忠実な文章になっているかという点は分かりにくいことがあります。それは、翻訳ツールを活用した人自身が、その言語について知識が乏しいからです。使われている意味や言葉が本当に正しいのか、言葉のつなぎ方は問題ないのかなどが分からないことには、正確かどうか判断仕様がありません。ですから、出力された文章をそのまま信用することはできないのです。

そういった意味では、辞書を引いて意味を調べたり、出力された言葉が適当かどうか判断しなければならないので、結局最終的には人の手で翻訳することが必要になるでしょう。

言語の持つ独特な言い回しまで翻訳できない

言語は、その国のもつ文化や生活に大きく関わりのあるものですから、直訳できないような独特の言い回しや例外的な言葉の使い方などがあります。翻訳ツールを使って、翻訳したときなんともへんてこな文章が出てくるなんてことは、皆さんも一度は経験があるのではないでしょうか?

例えば「犬も歩けば棒にあたる」は直訳すると犬はdogですが、出歩けば幸運に当たるという意味を考えると犬は重要ではありません。ですから、幸運という言葉を入れてgood luck may come unexpectedlyといったように、例外的な言葉の使い方が必要なのです。

やはり、WEBサイトの翻訳ツールだけでは判断できない事例であり、人の手が必要になります。このような言い回しや例外的な翻訳は、WEBサイト翻訳は不得意なのです。